MENU

敏感肌こそオールインワンを使ってほしい理由

敏感肌の女性のイメージ画

「オールインワンて肌が丈夫な人しか使えないのでは?」
「色々な成分が入ってるからちょっと不安」

 

敏感肌って、化粧品選びに悩みますよね。実はオールインワンジェルは敏感肌の人向けとも言えるんですよ!

 

なぜならワンステップでお手入れが終わるから!それはつまり肌への負担の少なさを意味します。化粧水から始まる一連のステップでは何度も肌に摩擦などの負担がかかってしまうのですが、オールインワンジェルならそれがたったの一度きり。

 

ABOUT- この記事を書いた人-

管理人ゲル美

ゲル美 38歳 やや乾燥肌
化粧品検定1級取得。より正しい知識で商品を比較します!たるみやハリ不足、くすみ、毛穴に悩んでいるアラフォー。

 

それでも、敏感肌の人が安心して使うためには、肌荒れ対策として成分を選ぶ必要があります。

  • 敏感肌さんがオールインワンを選ぶポイントは
  • 添加物ができるだけ入っていないものを選ぶ
  • 保湿効果の高い成分が入っているものを選ぶ
  • 敏感肌さんがオールインワンを選ぶポイントは
  • 添加物ができるだけ入っていないものを選ぶ
  • 保湿効果の高い成分が入っているものを選ぶ

敏感肌にはNG!の添加物

まずは、具体的にどんな成分を避けるべきなのか、避けるべき成分とその有害性について簡単に説明しますね。

合成界面活性剤

界面活性剤とは、通常では混ざり合うことのない水と油を混ざるようにする成分で、油溶性の有効成分を水分ベースの化粧品に配合する際には必要不可欠になってきます。自然界や植物にも存在しているので、界面活性剤自体は悪いものではないのですが、注意してもらいたいのは石油から作られる“合成界面活性剤”。

 

こちらは安価ですが自然界のものに比べて作用が強力です。本来化粧品に含まれるものは有害性が低いはずなので、普通肌の人では感じない程度の肌への負担でも、敏感肌の人にとっては刺激が強く、肌のバリア機能を壊して肌荒れの原因になることがあります。

 

合成界面活性剤の例としては「セチル硫酸ナトリウム」や「ラウレス硫酸Na」、「PEG(ポリエチレングリコール)」、「ステアリン酸グリセリン」、「PEG-10ジメチコン」などです。

アルコール(エタノール)

無添加のイメージ2

防腐剤として化粧品に配合されるエタノール。化粧品の成分は植物由来成分やアミノ酸、天然油脂などカビが生えやすいものもあるので、殺菌効果のために配合されることがあります。また、アルコールの揮発効果により肌が清涼感を感じるので、メンズ用化粧品やさっぱりタイプの化粧品に配合されることも。

 

しかしエタノールはその揮発性により乾燥を招き、そのまま使用を続けると肌のバリア機能が低下してしまうので敏感肌の人は避けましょう。

 

パラベン

パラベンもまた、防腐剤として使用されています。化粧品の防腐剤としての歴史は長く、その安全性も証明されている成分ではあります。

 

しかし健康な肌には問題は起こりにくいのですが、荒れた状態の肌に塗るとアレルギーなどを起こしてしまう可能性があります。そのため、パラベンは旧表示指定成分に指定されていて、肌が荒れることの多い敏感肌の人はやはり避けたい成分です。

香料・着色料

香料のイメージ

香料とは、化粧品に香りをつける際に使用される成分の「総称」で、これが添加物の落とし穴。成分表に記載する場合、香りをつけるためのものは全て「香料」でまとめることができるのです。

 

つまり、あえて記載したくない成分でも、香りをつけるために配合しているのであれば、成分表に記載する必要がなくなります。もちろんその中には敏感肌の人にとって好ましくないものである可能性も捨てきれません。

 

着色料に関しても、合成着色料と呼ばれるものの中には発がん性をもっているものも存在しています。香料も着色料も基礎化粧品に必要不可欠なわけではないので、無添加のものを選んだ方が安心というわけですね。

その他

鉱物油
鉱物油とはいわゆる、石油を精製する過程でできるオイル。これらは肌に浸透しないので毛穴を詰まらせ肌のトラブルを起こすことがあります。
例:ミネラルオイル、流動パラフィン、ワセリン、セレシンなど。

 

ポリマー
化粧品にとろみをつけ、肌に塗るとツヤ良く見せる効果のあるポリマーですが、肌表面に膜を張ったような質感になるため、肌に残留し続けると負担になってしまいます。いわゆるシリコンもポリマーの一種です。
例:カルボマー、ポリエチレン、ジメチコン、トリメチコンなど

 

紫外線吸収剤
日焼け止めの成分でもある紫外線吸収剤は肌の表面で一度紫外線を受け止め、それを熱に換えて放出することで日焼けを防ぎます。しかしこのとき肌表面で熱を発するため、肌の水分を奪い乾燥につながります。

 

この保湿成分を選ぼう!

では次に、敏感肌の人に積極的に選んで欲しい成分。敏感肌にとっての敵はズバリ、乾燥です。そのため、ここでは保湿に有効な成分と、その必要性について説明していきますよ。

 

セラミド
元々は角質層に存在している細胞と細胞の間に存在している脂質です。セラミドが細胞間でしっかりと水分をはさみ込むことによって肌自身のバリア機能が高まり、水分を保持しながら外的刺激から肌を守ります。つまり、保湿によって角質層のバリア機能を高めることが、敏感肌のスキンケアの重要ポイントってわけですね!

 

セラミドにはいくつか種類がありますが、成分表には「セラミド3」のようにセラミドのあとに数字がつくヒト型セラミドが、肌に存在しているものとほぼ同じ化学構造を持っているので、保湿効果が高いです。

 

ヒアルロン酸
おなじみの保湿成分。ヒアルロン酸は肌表面で水分を保持することで乾燥から肌を守り、キメを整えて肌を滑らかにします。

 

アミノ酸
肌表面に水分を吸着させ、肌の水分量を高めます。その結果くすみや小じわの改善や予防につながります。

 

コラーゲン
肌表面においてうるおいをキープする効果があります。ヒアルロン酸と一緒に配合されていると相乗効果で保湿力を高めます。

敏感肌にはこのオールインワンジェル

敏感肌の人が避けるべき成分と、積極的に選ぶべき成分がわかったところで、おすすめのオールインワンジェルをご紹介します。敏感肌の人による口コミを中心にピックアップしてみたので、ジェル選びの参考にしてみてくださいね。

 

パルクレールジェル

パルクレールジェル

パルクレールジェルはニキビケア用の薬用ジェル。2大有効成分は美白成分のプラセンタと抗炎症作用のある医薬品成分のアラントイン。さらにコラーゲンにヒアルロン酸、スクワランなど保湿力の高い成分が豊富に含まれています。

 

もちろん、先ほど説明したような敏感肌が避けるべき添加物は一切入っていないので安心です。

  • テクスチャーは固めだが伸びが良く、ニキビができにくくなった
  • さっぱりした使用感なのに潤いがハンパじゃない
  • できかけのニキビの腫れがすぐに引いた
  • 容量が小さいので3週間程度でなくなってしまい、コスパは正直良くない
  • ニキビのある荒れた肌でも刺激がなく安心して使える

 

パルクレールジェルの詳細
価格 7,200円 ⇒ 2,980円(税抜)
内容量 40g(1ヶ月分)
定期購入 4回で解約可
定期購入時は送料無料

 

パルクレールジェルの詳細をみる

 

メディプラスゲル

メディプラスゲル

66種類の美肌成分配合の「メディプラスゲル」。高保湿効果のヒト型セラミドのほか、4種類のヒアルロン酸に2種類のコラーゲン、水溶性プロテオグリカンといった保湿成分が配合されていて肌のバリア機能を保ちます。

 

石油系界面活性剤や防腐剤、アルコール、鉱物油、着色料、香料、シリコンは無添加。

  • 1ヶ月続けると肌がふわふわと柔らかい感じになった
  • オールインワンジェルのなかでは保湿力がずば抜けてよい
  • 敏感肌なのにトラブルもなく、肌の調子がよくなった
  • 店舗で気軽に買えないのが残念
  • 保湿力はかなりあるので乾燥肌にはちょうど良い

 

メディプラスゲルの詳細
価格 3,996円 ⇒ 2,996円(税込)
ひと月当たり1,498円
※初回購入時
内容量 180g(2ヶ月分)
定期購入 1回で解約可
定期購入時は送料無料

 

メディプラスゲルの詳細をみる

 

マヌカコスメ B&H オールインワンゲル 15+

マヌカコスメ B&H オールインワンゲル 15+

話題のマヌカハニーをカプセル化したものが配合されているオールインワンジェル。3種のコラーゲンや2種のヒアルロン酸、プロテオグリカンなど高保湿成分やエイジングケア成分などを配合。肌に塗るときにカプセルがはじけてフレッシュな成分が浸透します。

 

肌に負担のある鉱物油、シリコン、パラベン、香料、着色料、石油系界面活性剤、アルコールの8つを無添加。

  • 濃厚でもっちりとしたテクスチャーで、べたつくことなく潤う
  • オールインワンとは思えないほど保湿効果が高い
  • 刺激がなくて敏感肌でも使い心地は良い
  • 表面はしっとりが続くけど内側は徐々に乾く感じがしたので、化粧水と併用するとちょうど良かった

 

マヌカコスメ B&H オールインワンゲル 15+の詳細
価格 4,800円 ⇒ 1,058/円(税込)
内容量 80g(約1ヶ月分)
定期購入 3回で解約可
定期購入時は送料無料

 

マヌカコスメの詳細をみる

 

プラセンタジュレ

プラセンタジュレ

国産の馬から高保湿効果のあるプラセンタ、サイタイエキス、馬油と、4種の植物素材成分を配合して作られたキレイデボーテの「プラセンタジュレ」。ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドを配合することで保湿効果を高め、みずみずしく透明感溢れる肌に導きます。

 

界面活性剤、アルコール、香料、着色用、パラベン、鉱物油は無添加。

  • すこしゆるめのテクスチャーで、手に取ると肌にすっと馴染むように溶ける
  • 馬油なのにべとつかず、うるうる、もちもちの状態が朝まで続く
  • 乾燥肌なので、期待していたほどの保湿力は感じられなかった
  • 真冬の乾燥が激しいときは保湿力が足りない
  • オールインワンによくあるモロモロが全然出ない

 

プラセンタジュレの詳細
価格 4,980円 ⇒ 2,980円(税込)
※ひと月当たり1,490円
内容量 150g(2ヶ月分)
定期購入 1回で解約可
定期購入時は送料無料

 

プラセンタジュレの詳細をみる

 

シズカゲル

シズカゲル

ニューヨークでエステティシャンとして活躍するかたわら、皮膚科医のご主人と共に開発したというオールインワンジェル。シミやシワ、肌荒れ、乾燥などを多角的にケアすることができる医薬部外品の商品です。

 

高酸化作用のあるフラバンジェノールに美白成分のアルブチン、皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体を配合。セラミドにオリブ油やスクワランも配合されているので、保湿力も高いオールインワンジェルです。

 

界面活性剤、パラベン、アルコール、合成香料、合成着色料、鉱物油、シリコンの7つを無添加。肌に余計な負担をかけません。

  • クリームが混ざったようなテクスチャーで、塗ると表面はサラサラでさっぱりするのに内側はもっちりと保湿されている。
  • 敏感肌でもヒリヒリすることなく使用できた
  • 40代半ばの私には保湿効果があと少し足りない
  • チューブに使用量の目安が書いてあるが、そのとおりに使用したら1ヶ月持つはずが3週間ほどで使い切ってしまった
価格 4,980円 ⇒ 2,980円(税込)
内容量 60g(1ヶ月分)
定期購入 1回で解約可
定期購入時は送料無料

 

シズカゲルの詳細をみる

 

無印良品 敏感肌用オールインワン美容液ジェル

無印良品 敏感肌用オールインワン美容液ジェル

岩手県釜石の天然水を使用している敏感肌用のオールインワンジェルです。無香料、無着色で鉱物油やパラベン、アルコールは無添加。保湿成分にはヒアルロン酸のほか、天然植物成分のグレープフルーツ種子エキスと、肌を保護するスベリヒユエキスを配合。

 

シリコンオイルの1種であるジメチコンが配合されていますが、ジメチコンはケイ素由来で比較的安全とされているので、初めはプチプラからお試ししてみたい、という方にはおすすめ。

  • 1本で2ヶ月はもつのでコスパが良い上にトラブルもないので続けやすい
  • 敏感肌ですがトラブルは特に起きなかったが、保湿はいまいち足りてないように感じた
  • 同じラインの化粧水の後に使うと保湿度が高まる
  • 目安はさくらんぼ大と書いてあるが、それだとべたつくのでもっと少なくてよい
価格 916円(税別) 携帯用:30g 362円
内容量 100g

 

無印良品 敏感肌用オールインワンの詳細をみる

 

敏感肌、オールインワンでも大丈夫!

いかがでしたか?探してみると、敏感肌の人にも使えそうなオールインワンジェルは結構存在します。成分を選べば、きっと自分の肌にピッタリのものは見つかりますよ。毎日のスキンケアの負担をなくして、穏やかな肌をキープしましょう!

 

人気オールインワンジェル レビュー
総合1位のオールインワンジェルのレビューはこちら 美白1位のオールインワンジェルのレビューはこちら 保湿1位のオールインワンジェルのレビューはこちら