MENU

ボタニカル、オーガニック、無添加の違いは?オールインワン選びのコツ

オーガニックコスメや無添加のコスメって昔からあるみたいだけど、今も変わらず人気が高いですよね。オールインワンジェルだって長年にわたって肌につけるものだし、少しでも品質の良い、安全なものを選びたい。最近はオーガニックだけじゃなく、無添加やボタニカルなんて単語も出てきちゃって、ちょっと混乱気味。一体どこに違いがあるの??

 

気になってはいるんだけど、実際は良く知らなかったので、あらためてそれぞれの意味や特徴の違いについて調べてみました!

 

オーガニック化粧品って何?

オーガニックフードやオーガニックコットン、オーガニック化粧品、世の中に溢れる『オーガニック』の文字。なんとなく「無農薬のことでしょ?」くらいの知識しかなかったけど、化粧品で無農薬ってどういうこと?

 

そもそもオーガニックとはどういう意味か

オーガニック野菜

オーガニックとは直訳で「有機体の」という意味ですが、一般的には有機栽培で作られた農作物のことを指します。有機栽培とはつまり、化学肥料や農薬を使用しない、さらに遺伝子組み換えをしない農法のことですね。

 

そうした農作物を取り入れた生活の根底には、食や衣料の安全性を求めるだけでなく、その先に全ての生命にとっての平穏な自然環境を目指すという理念があります。なるほど、オーガニックって自分だけが良ければいいってもんじゃないんですね。

 

オーガニック原料使用=オーガニックコスメ?

こうした考えのもと、植物由来成分の原料が有機栽培であるコスメがオーガニックコスメと呼ばれています。このオーガニックコスメ、認定や基準はあるのでしょうか?驚くことに、オーガニックコスメに関しての意識は日本国内と国外で大きな違いがありました。

 

オーガニックに対する意識が進んでいるヨーロッパには、オーガニックコスメの認証団体があり、オーガニック認証成分の割合によってランク付けをしています。それだけではなく、オーガニックの基準をちゃんと満たしているかを第三者機関で審査が行われていて厳密に基準を守られているんですって。

 

オーガニック フルーツ

では、日本国内はどうでしょうか?検索すると「日本オーガニックコスメ協会」という団体がありました!が!協会によると、なんと国内でのオーガニックコスメの認定基準には統一したものがないとのこと。それは日本国内において充分なオーガニック原料がなく、コスメの原料にするのが現実的に難しいのが原因みたい。

 

そのため、現状としては、有機栽培による植物由来成分をひとつでも含んでいれば、その割合にかかわらずオーガニックコスメを名乗ることができるので、中には合成成分も含まれることもあります。

 

日本はコスメに関してはオーガニックに対する意識が発展途中という現状のようですね。それでも、真剣にオーガニックコスメに取り組んでいる団体は少なからず存在しますのでこれからに期待しましょう!

 

国産オーガニックのオールインワンジェル

そんなオーガニックコスメの基準がまだまだ甘い日本国内において、オススメしたい国産のオールインワンジェルを紹介します。

 

「オーガニックハーブカレンデュラオールインワンジェル」(逸品堂)です。こちらは「無農薬ハーブ」、「化学肥料不使用」、おまけに「添加物なし」!

 

カレンデュラ_オールインワンジェル

 

寒天で出来たジェル!

カレンデュラとはキク科のオレンジの花をつけるハーブで、トウキセンカとも呼ばれています。ビタミンAの元であるカロチンを豊富に含み、細胞分裂を正常に保って肌のキメを整える効果があるとのこと!

 

その他にも自然栽培によるヘチマやニンジンなどからじっくりと取り出したエキスを含んだ完全オーガニックのオールインワンジェル。とろみはなんと、寒天でつけられているのだとか。

 

こちらの原料を生産しているのは日本豊受自然農という会社で、代表者はホメオパシーで有名な由井寅子さん。ずばり、植物の力を知り尽くした、こだわりの農家発!植物由来オールインワンジェルってわけです。
使用者の口コミも探してみました。

 

  • 使用感は素朴で、かなりさらっとしているが、保湿力は冬でも持続した
  • 香りがほんのり野菜臭い(青臭い)
  • 炎症が起こりかかっている部位で使用したらヒリヒリが治まった
  • 開封から60日に使い切らなければいけないプレッシャーがある

 

青臭いのも、消費期限が60日というのも、余計な香料や防腐剤などを配合しない自然派コスメならでは。オーガニックを追求した結果ですので、そのあたりが気にならない方には、品質ではオススメできると思いますよ!

 

価格は80g 4,580円(税別)で約1ヶ月分
3本まとめての購入で20%引き、定期コースなら月に1本3,364円で、偶数月にはミニサイズのおまけ付き!詳しくは逸品堂のHPを確認してみてくださいね。

 

オーガニックハーブカレンデュラ・オールインワンジェルの詳細
価格 4,580円 ⇒ 3,364円(税込)
※定期購入時
内容量 80g(1ヶ月分)
定期購入 1回で解約可
定期購入時は送料無料
詳細 オーガニックハーブカレンデュラ もっと詳しく知りたい方はこちら

 

肌に優しい?無添加化粧品

肌の敏感な人にこそ選んでもらいたい無添加化粧品。続いては無添加コスメについて簡単にまとめてみました。

 

無添加って何が無添加なの?

無添加のイメージ

調べてみたところ、どうやら無添加化粧品もオーガニック同様、決められた基準があるわけではないようです。そのためひとまず、旧表示指定成分を一切配合していない化粧品のことを「無添加化粧品」と定めているメーカーが多いようです。つまり、旧表示指定成分そのものを添加物しているようですね。

 

気を付けたい添加物の種類

では、旧表示指定成分とはいったいどんなものでしょうか?

 

無添加のイメージ2

旧表示指定成分とは、使う人によってはアレルギーや皮膚トラブルを起こす恐れのある成分のことで、薬事法によって商品への表示を義務付けられています。(2001年に化粧品の全成分表示が義務付けられたので、「旧」表示指定成分、と呼ばれています)このリストのおかげでユーザーは自分に合わない成分を事前に防げると言うわけです。

 

これら添加物の役割としては「防腐剤」や「界面活性剤」、「着色料」、「合成香料」、「鉱物油」などに用いられる成分に多いんです。でも…はっきりいってどの成分が自分に合ってないのかなんて、薬品名まで覚えるのはなかなか現実的じゃないですよね!

 

そこで手っ取り早く添加物を排除するには、無添加化粧品を選ぶ、という手がいちばんの近道でもあるわけなんですね。しかし、先ほど説明したとおり、無添加化粧品には決められた基準があるわけではないので、旧表示指定成分の中でも特定の成分だけを「無添加」としているメーカーも多くあるのが現状みたい。

 

無添加のオールインワンジェル

オールインワンジェルの中で無添加のものをオススメするならコレ!というのが「メディプラスゲル」です。

メディプラスゲル

 

無添加で保湿力高し!

美肌の湯でもある出雲玉造温泉水をベースに5種類のヒト型セラミド、4種類のヒアルロン酸、2種類のコラーゲン、14種のアミノ酸など計66種類の美容成分をたっぷりと配合。保湿効果は言うまでもありませんが、いちばん優れているのは防腐剤としてのパラベンやフェノキシエタノール、その他にも界面活性剤や合成入荷剤、香料、着色料、鉱物油といったものすべて無添加ということ!

 

防腐剤が入っていなくてもポンプ式なので、ジャータイプのオールインワンジェルように雑菌が繁殖しそう、なんて心配が要らないのもいいですよね!

 

  • 使い続けると肌がふわふわと柔らかい感じになった
  • 無添加なので敏感肌なのにトラブルもなく、肌の調子がよくなった
  • 他のオールインワンジェルとは違い、保湿力が桁違いに良い
  • 脂性の私の肌にはしっとりし過ぎる気がする

 

アットコスメの口コミを見てても、保湿力は言うことなし!ですね。こちらは1本で約2ヶ月分、初回はなんと送料無料の2,996円(税込)で購入でき、定期便利用でサンプルのうれしいおまけ付き!コスパも上々のオールインワンジェルです。

 

メディプラスゲルの詳細
価格 3,996円 ⇒ 2,996円(税込)
ひと月当たり1,498円
※初回購入時
内容量 180g(2ヶ月分)
定期購入 1回で解約可
定期購入時は送料無料
詳細 メディプラスゲル もっと詳しく知りたい方はこちら

 

植物の力!ボタニカル

最後は比較的新しい語感のボタニカル。ノンシリコンシャンプーのCMなんかでよく耳にしますよね。いつの間にかすっかり定着したような感じ。なんとなく肌に優しそうな響きだけど、実際はどうなのでしょうか?

 

柄だけじゃない!ボタニカルってどういう意味?

ボタニカルのイメージ

ボタニカルとは「植物の、植物学の」という意味で、何年か前にファッション界で流行していたのを覚えていますか?このボタニカルという言葉、コスメにおいては植物由来のという意味合いで使われます。

 

オーガニックと似ているようですが、その違いはオーガニックが有機栽培のものなのに対して、ボタニカルは植物一般を指し、その定義がもっと広いところです。つまりは無農薬じゃなくても植物由来のものを使用していればボタニカルになりうるんですね。

 

とはいえ、石油由来のものに比べて自然派であり肌に優しい成分であることには違いありませんね。

 

ボタニカルのオールインワンジェル

このようにボタニカルという定義が広いので、ボタニカルを売りにしていないけど実はボタニカルというオールインワンも多いわけです。

 

というわけで紹介するのはプラセンタジュレ。使用しているプラセンタは植物由来ではなく馬プラセンタ(国産馬)なのですが、ここで特筆すべきは柚子やミカンといった果実エキス。

 

プラセンタジュレ

 

原材料の産地まで記載!

その果実エキスも、どこで生産されたものを使用しているのかまで明記しているんです。たとえば桑折町の桃、大三島の温州ミカン、そして伊豆の白びわ。ここだけ聞いていたらスイーツかなんかみたいですよね。

 

これもまた、ボタニカルなオールインワンジェルといえるでしょう。このオールインワンはポンプ式で使いやすく、1本で2ヵ月使えて初回は2,980円となかなかのお手頃価格。しかも保湿力もかなりのものです。

 

  • みずみずしい使い心地なのに超しっとり
  • 乾燥が落ち着いてだんだんキメが整ってきた
  • 夏にはちょっと保湿力ありすぎ
  • ポンプタイプで片手で使えて便利

 

など、アットコスメでもかなりの高評価なんです。初回の金額なら、1ヵ月で1,500円ほどとドラッグストアのプチプラとさほどかわらないのに、中身はこんなにこだわって作られている!なるほど、高評価なのもうなずけます。

 

プラセンタジュレの詳細
価格 4,980円 ⇒ 2,980円(税込)
※ひと月当たり1,490円
内容量 150g(2ヶ月分)
定期購入 1回で解約可
定期購入時は送料無料
詳細 プラセンタジュレ もっと詳しく知りたい方はこちら

 

オーガニック、無添加、ボタニカル 3つの違いとそのまとめ

いかがでしたか?「オーガニック」は有機栽培の原料を使用したもの。「無添加」は肌に有害になりうる添加物を極力配合しないもの。「ボタニカル」は植物由来の成分を含んだもの。

 

似ているようでもその違いははっきりしてましたね。しかし共通するのはどれも肌に優しい設計ということ!自分の目的に合う、それぞれの良さをぜひ試してみてくださいね。

人気オールインワンジェル レビュー
総合1位のオールインワンジェルのレビューはこちら 美白1位のオールインワンジェルのレビューはこちら 保湿1位のオールインワンジェルのレビューはこちら